口の中に口内炎が出来る理由

札幌まちの歯医者さん

札幌で歯医者を見つける・口コミ情報局

札幌市1,199件の歯医者を検索できる総合情報サイト
口コミ情報をもとに自分にピッタリの歯医者を探そう!

歯の健康ガイド

口の中に口内炎が出来る理由

口の中に口内炎が出来る理由

口の中にできる粘膜の炎症をまとめて口内炎と呼びますが、発生箇所や症状、原因は様々な理由が関係しています。
物理的な理由として多いのは、かみ合わせや食べ物によって粘膜を直接傷付けてしまうパターンです。
その時にできた傷口が後々悪化して、口内炎となるのです。
また、口の中も消化器系の一部である事から、胃腸の機能障害や粘膜の影響で口内炎ができる場合があります。
口の中が乾燥していたり、ストレスや疲労を原因とした免疫力の低下も一つの理由として挙げられます。
稀ではありますが、ウィルスやカビが原因となる場合もあり、時には重大な病気が口内炎の発生源となっていることがあります。
その為、頻繁な炎症が見られる場合や、口内炎が長引く時は特に注意が必要と言えます。

一般的な口内炎の対処法

 生活リズムの乱れやストレスなどで、充分な睡眠が取れなかったり、食事の栄養バランスが崩れたり、仕事が忙しくて過労気味だったりすると、口の中に炎症が起こります。一般的によく見られるのは、「アフタ性口内炎」といって、身体の免疫力が低下したり、ビタミンが不足することによって発症します。この場合、薬局などで売っている、口内炎専用の塗り薬を使用し、飲食時の痛みを軽減させます。同時に、食事内容を見直し、緑黄色野菜を多めにとるようにします。ビタミンB群などのサプリメントを服用することも、効果的です。飲食後は、口腔内を清潔にし、睡眠もしっかりとるようにします。
何度も繰り返すようならば、他の病気が隠れている場合があるので、医療機関への受診が必要です。

口内炎を放置するとどうなる?

口内炎とは、一般的に口腔内の粘膜である舌、歯肉、唇と頬の内側などできる炎症性疾患をいいます。口腔粘膜の発赤、腫脹、灼熱感、口臭、水疱、潰瘍などが生じて痛みがひどいです。放置するとひどい場合には、発熱して咀嚼、嚥下、さらには言語障害まで起こします。幼児は栄養障害まで起こして局所リンパ節も腫れ上がったりします。
食べ物を食べるときにとても痛く、口腔内の乾燥、口の中が腫れて口を動かすのさえ困難になります。特に、食事のときにとても不便で、症状が悪化すると体力の低下などの身体的苦痛、何よりもイライラと不眠などの精神的苦痛を受けるようになります。

一般的な口内炎の治療法

口の病気の中で最も頻度が高く、誰にでもなる可能性が高いのが口内炎です。原因は栄養バランスや食生活の乱れ、さらには誤って噛んでしまったりするダメージなどあります。そこ栄養バランスを整え、睡眠をたっぷりとるなどして、疲れを貯めないように過ごしていれば、口内炎は自然治癒する病気です。しかし、食事の際にも痛かったり、しゃべるのにも支障が出たりします。そうなると早めに治癒する適切な治療法が重要になります。細菌が患部に着くと悪化するので、清潔にすることが完治の近道です。ですから、歯磨きも丁寧にすることで、最近を減らすことになります。また、口内用の消毒作用のあるスプレーをかけることも効果があります。患部をガードする、コーティング軟膏も刺激もカットできるので便利です。

新着の口コミ