歯が痛くなる原因

札幌まちの歯医者さん

札幌市1,199件の歯医者を検索できる総合情報サイト
口コミ情報をもとに自分にピッタリの歯医者を探そう!

歯の健康ガイド

歯が痛くなる原因

虫歯

虫歯

痛みは誰しもできれば避けて通りたいものの一つでしょう。体の部分の痛みは沢山の種類がありますが、お口の中の痛みの代表として虫歯が挙げられます。
虫歯というと歯が溶けてなくなるイメージがあると思いますが、まさにその通りなのです。口の中に常在する様々な菌が私たちの口内の食べかすをエサとしてそれを分解します。そして酸を作るために歯のエナメル質を溶解してしまうという仕組みとなっています。歯の神経まで溶解が到達すると痛みも出てきてわかりやすいのですが、痛みのない虫歯が発見が遅れるためにどうしても治療自体も遅れてしまうことになります。定期的に歯磨きを怠らないように、歯科での検診も継続的に受けることが望ましいのです。

一般的な虫歯への対処法

虫歯というと誰しもいい思いではあるものではないでしょう。とにかく進行してしまった虫歯は痛い。そして歯科に行って治療するのも痛いし怖いという思いを多くの方がされています。できるだけ虫歯にならないように工夫したいものです。
普段から虫歯にならない方はどのようにされているのでしょうか。まず基本的なことは、食べた後すぐに歯磨きをすることです。口の中に存在する菌が私たちの食べかすを分解することで酸を排出し、それが歯を溶かす原因になっていますので、その食べかすを速やかに除去することがとても大切です。また、ただ歯磨きをするだけではなかなか思うように食べかすは除去できません。特に歯と歯の間を良く磨きましょう。その為に歯間ブラシを使うことが大切なのです。

虫歯を放置するとどうなる?

出来れば行きたくない、痛くても我慢の限界まで我慢して、やっと行く決心をするものの、恐怖心から受診を取り止めてしまった経験をもつ人も多いのではないでしょうか。数ある病院の中でも、一番と言っていいほど、敬遠される歯医者さん。痛みや麻酔への恐怖から、治療の必要を重々解っていながらも、ついつい放置しがちな虫歯ですが、虫歯は「菌」が原因の立派な病気です。放っておくと、最悪、死に至ります。菌が脳を侵したり、血液に入り込んで全身に菌がまわる敗血症になったりして、亡くなるケースが実際にあります。虫歯は病気だという意識を持って、早めに治療することが大切です。

一般的な虫歯の治療法

一度虫歯になってしまうと、そのなった歯の部分というのは治るのでしょうか。残念ながら虫歯にかかった歯の部分は二度となおることはないのです。その進行状況によって、特に進行の進んだ虫歯の部分は痛みも激しく、後々苦しい思いをすることとなります。
それでは虫歯にかかった場合はどのようにするのでしょうか。自分一人では対処のしようがありませんので、必ず歯科に行って治療をすることになります。菌が付着している患部をドリル等で大きく削り、菌の繁殖を抑える薬を塗って、セメントや他の材質の物で作ったものを埋めるといった治療法になります。皮膚の擦り傷みたいに歯も再生してくれたらどんなに助かるかとも思いますが、普段から虫歯にかからないように気をつけたいものです。

新着の口コミ